記帳代行料の算出方法

○担当者が記帳代行料の月額を算定するが、その基礎は、均等割、作業量割算定基準、特別賦課のトータルを記帳代行料とする。

○均等割 一律 3,000円(別途消費税を加算

○作業割算定基準(下記算定料金に別途消費税を加算

A.ひと月の取引が概ね 100件以下

1,000円

B.ひと月の取引が概ね 100件超200件以下

1,500円

C.ひと月の取引が概ね 200件超300件以下 2,000円

D.ひと月の取引が概ね 300件超

2,500円

○特別賦課
 現金出納帳が記入されていない事業所については、一ヶ月一律2,000円(別途消費税を加算)を加算する。但し、期中において改善された場合は、その月より特別賦課は加算しないものとする。

決算手数料のランク別算出方法

【所得税】(下記算定金額に別途消費税を加算

A.提出のみ(本人が決算書、申告書を完成させて持参した場合)

500円

B.決算書、申告書を清書し提出する(本人が決算書を下書きして持参又はブルーリターンAにより集計したデータを持参した場合)

1,000円

C.勘定科目別の集計が済んでいる(本人が科目別に集計して持参した場合)

3,000円

D.現金出納帳や現金式簡易帳簿が記帳されている(当所で集計を行う場合)

6,000円

E.帳簿の記帳がなく領収証のみ持参(当所で領収証をもとに集計を行う場合)

12,000円

F.その他(給与所得・公的年金・還付申告)

1,000円

G.記帳代行委託者

記帳代行料の
月額1か月分

※青色申告、白色申告の区別はしない。
※当所非会員事業所については、50%増しの料金とする。
但し、Fランクは上記割増料金の対象外とする。

【消費税】(下記算定金額に別途消費税を加算

A.検算・提出(本人が申告書を完成させて持参した場合) 1,000円
B.簡易課税制度による申告の場合 2,000円
C.本則課税制度による申告の場合 4,000円